woman
(自民党:藤川優里さん)


個人的に好みの子を選んじゃいました、すいません(笑)

前の記事でも女性の社会進出について少し触れました。 ※ 『「女性の活躍」とか言ってるけど・・・』

最近見られるのは「日本は上に男性がいる方がうまいく行く」という意見。
私はこういう意見を見るたびになんとなく悲しくなります。
というのも、常にどっちが「上か下か」でしか見られていないからです。
「日本は『上に』男性が~・・・」という言い方は「平等」ではありませんよね。
「~が上の方が良い」という言い方は微妙な気持ちになるわけです。

中でも一番やっかいなのが 無意識 に女性差別をする人達。
これは女性も同じです。女性も無意識に女性を差別しています。

「もしかしたら初の女性総理が誕生するかもしれない・・・」という”女と男が真に同じステージで競い合うことができる”時期に差し掛かっています。そして政府も『女性の活躍に期待』という言葉を幾度も強調しています。
そうなると自然と「女性の行動」というものに注目が行きます。
そう、良い意味でも悪い意味でも女性の行動が注目される時期なのです。

例えば、ある国会女性議員が自分の思いに反する言葉をしゃべり始めた時、
男性は「これだから女性は~・・・・」と言い、女性は「女性の価値を下げないで!」(ちょっと過度に書きました(笑))などと言いますよね。
つまりたかが1人の女性国会議員の意見がまるで女性総意みたいに、
女性の代表意見=女性の評価につながってしまうのです。
これは男性では絶対に起きないことです。
男性では「鳩山さんは~」「安倍さんは~」「野田さんは~」と個人個人の評価をされています。
けっして「鳩山さんの意見=男性の総意」になったりはしませんよね。

これは逆に言えばチャンスなのかもしれませんが、なかなか厳しいことです。
女性の中にはこういった矛盾に気付かず、一部の男性の意見を鵜呑みにし、
「やっぱり男性が上で女性が下の昔の方がよかった」なんて言います。
それはきっと・・・昔に住んだ事がないから言えることでしょう。
今の男性を責める気持ちは毛頭ありませんが、昔の女性の立場は・・・言っちゃ悪いですが
まさに「子供を産むだけの役割」と言われてきました。もうちょっときつい言い方もありました。
(そんな時代に住みたいという人がいるなら止めませんが・・・。)

やはり上の層の仕事場では、まだまだ女性の権力は弱いです。
例えば、男性社長が男性職員をまとめる場合と、
女性社長が男性職員をまとめる場合では、
やはり信頼の関係で後者ではなかなかうまくまとまってくれません。(byある女性社長)
表面上では「はい、はい・・」と聞いていても、心の中では「女性に命令される」っていう事に微妙な心情になるわけです。特に上の層の仕事ではプライド高い人が多いですからね。
そうなると、安倍総理が「2020年までに女性管理職を30%増やす」という明確な数字を決めたのも分からなくはない気がします。
ちょっとこの「女性と男性」の問題は、あまり口に出すとギスギスしちゃう問題になってきましたね。
まあ恐らくですが、安倍さんがこんなに「女性」を強調するのは、
それを聞いた男性がインスパイアされればいいのではないか、という思いもあると思いますが。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット