000061152_640

動画はこちら

 今後の日中関係について、両国の有識者が議論する「東京-北京フォーラム」が北京で開かれ、演説した福田康夫元総理大臣は「一刻も早く、関係を正常な状態に戻す必要がある」と訴えました。

 福田康夫元総理大臣:「日本と中国が、あるいは韓国が世界を舞台にいがみ合っている。こういう姿をわざわざ見せる必要はないでしょう。もう、こういうことはこのくらいにしてやめましょう」
 福田元総理は「日中関係は世界の平和と安定に重要な存在」と述べ、世界レベルの課題に対して協力していく必要性を訴えました。そのうえで、8割近い国民がお互いに良くない印象を持っているという世論調査の結果に触れ、「前に踏み出せないのは、政治から前向きなメッセージが伝わってこないため」と注文を付けました。一方、中国国務院新聞弁公室主任の蒋建国氏は「故意に政治的なもめごとを引き起こす動きを防がなければいけない」と述べ、日本側を牽制(けんせい)しました。

いやあ、まさかの鳩山さんに続き福田さんまで。
鳩山さんの中国を褒めちぎる演説よりかはいくらかマシですが、元総理というものがたやすく他国に言ってこんな発言をするとは・・・ちょっと信じがたいです。中国自身が「中国が行ってきている事の正当化」をさせるために、自分たちが使われているという事になぜ気づかないのでしょうか。
福田さんは今回、例の学生()運動のシールズ始め、左側の人達が言う「お話合いで解決しましょう」というものをこうして実行してくださったわけです。しかし見事にけん制で返され相手にもされてません。当然の事ですが。
今までの中国の動きを見ていれば決してこういう発言は出てこないはずです。
今中国は「沖縄の独立運動」「尖閣諸島の取得」「日本領にあるメタンハイドレートを勝手に実用化」「他国の資源の略奪」などを着々と進めています。
中国ネットの一般の書き込みは、

・日本がやってる事は悪、中国は正義
・中国は日本に勝った事がある(←嘘)から次も勝てる
・悪の日本を倒せ
・中国は世界平和のためにアメリカと日本を倒さないといけない
・日本人は野蛮だ。日本人は未だに世界侵略を狙っている。野蛮な日本人を信用するな。

みたいなことをだいたい書いてます(笑)
怖いのは政府のプロパガンダに気付かず、一般の人達が本当にこう思っていることです。
他の国の外国人が「じゃあ自分たちがアジア諸国をいじめているのはどう説明するんだ?」と聞くと、
世界平和のためだ」と答えます。この人達は、中国の資源取得のために中国軍に殺されているアジア諸国の人達を知っているのでしょうか?果たしてどっちが野蛮な国家なんでしょうかね。
さらにおかしな事は、この中国人たちと同じことを言っている人が日本にもいるということです。
そう、日本共産党です。日本共産党は中国共産党と繋がっています。
日本が武力を持つことは悪で、中国が軍事を拡大することは正義だそうです。
一体お前たちはどこの国の人なんだ?とぜひこの人達に聞いてみたいですね。
去年の自衛隊の緊急スクランブル(※)は943
※スクランブル・・・・敵の戦闘機が日本領に侵入し、日本の安全を脅かさないために自衛戦闘機を緊急発進すること。
いつ戦争になってもおかしくない回数でした。
これを見てもまだ「日本 が 憲法を変えて戦争を起こそうとしている」と言うのでしょうか?
なぜそう思うのでしょうか?本当に分からないので真剣に意見を聞きたいです。
憲法を変えるなとか言っている人達の言葉をまとめると、
「戦争は嫌だから、相手が攻撃してきても日本は抵抗せずに死ね
といっているようにしか聞こえません。
そして「戦争法案だ」と言っている老人たちは、本当に「当時の日本のトップが侵略行為をした。俺たちはその侵略行為に命を使われた」と思っているのですかね。
実に興味深いのは、この人達が言っていることはまさにアメリカが日本に言った事そのものだということ。
歴史は勝者が作るものです。間違いなく言えるのは、あの時日本が「戦う」選択をしなければ、
今頃「日本」という国はなくなり、「アジア」という地域はなくなり、「みすぼらしい黄色人種」として奴隷に使われていたでしょうね。
とにかく、何回も言ってますが、戦争が嫌なのは誰だって同じです
しかし、戦争が嫌だ⇒攻撃されても戦わない というのは絶対違うと断言できます。
「戦うくらいなら死んでやる!」と思うのなら、どうぞそうしてください。
他国へ逃げるのもいいと思います。中国へ逃げるのもいいと思います。
しかし、「無抵抗なままで死にたくない」と思う国民を邪魔しないでください。
「祖国を守るために戦いたい」という人達の邪魔をしないでください。
自衛隊の皆様は今日も24時間365日、私たちの命を守るために戦ってくれています。
安倍総理が今外交で一生懸命やっていることは戦争を起こさないようにするためのもの
それを妨害するような行為は、元総理であっても・・・元日本国の総理であるからこそ絶対に避けなくてはならない行為だと思います。
いずれにせよ、民主主義国家でもない中国に、いくら国民に訴えかけても政府に訴えかけなければ意味はないです。「お話合いで解決できる」と思っているみなさんは、ここをしっかり覚えておかないといけませんね。

↑ランキング参加中です。ポチッと押してくれるととてもありがたいです!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット